FC2ブログ

有価証券の評価替え

ここは会社の近くにある喫茶店。仕事を終えた健次君と涼子さんが向かい合って座っています。

涼子:今日は決算整理項目のひとつ、有価証券の評価替えについて説明するわね。有価証券の基本については「有価証券の売買」で説明してあるけれど覚えているかしら?
健次:有価証券とは株式や公社債の事で、市場で自由に売買をする事ができたよね。それで買った時の価格と売った時の価格の差額で儲けたり損をしたりするんだったね。
涼子:そうよ、有価証券売却損益の仕訳の方法も説明したわね。決算でも取得価格と期末における時価との差額を算出して、適正な価格に修正する必要があるの。この事を「有価証券の評価替え」と言うのよ。
健次:実際に売買しなくても損失や利益を計上するわけか~。
涼子:そう、会社の財政状態を適正に反映するためよ。持っている有価証券を時価に合わせて修正する方法を「時価法」と言うの。時価法は売買を目的とする有価証券に対して行われる評価方法よ。それに対して子会社や関連会社の株式を保有している場合は「原価法」が使われるの。原価法では有価証券が値上がりしても値下がりしても売却しない限り帳簿価格に変動が無いの。
健次:どうして子会社や関連会社の株式に対しては原価法が使われるの?
涼子:企業の運営上必要なものであり、売却を予定していないためよ。それでは時価法による決算整理仕訳をしてみて。例題は時価が値下がりした場合よ。

46-1.gif

健次:有価証券評価損を使えばいいから・・・、これでどう?

46-2.gif

涼子:正解!時価が値上がりした場合は有価証券評価益を使うのよ。
健次:でも、最近の景気では株が値上がりする事は少ないね。
涼子:株価は常に上下しているからどうなるか分からないわよ。
健次:ところで最近、企業や銀行の「含み益」が減ったとか言うニュースを良く聞くけれど、含み益って何?
涼子:含み益と言うのは先程説明した原価法を使った場合に発生するの。原価法では市場価格がどんなに変動しても帳簿上では取得価格のままでしょう。だから帳簿では分からない利益、つまり含み益が生まれるのよ。
健次:利益を含んでいるから含み益か~、なるほどね。
涼子:市場価格が下落している場合は含み損にもなるわ。それでは今日はこれでお終い。お疲れ様でした。
健次:お疲れ様でした。

長い髪を靡かせて喫茶店を出て行く涼子さんの後姿を健次君は見送っていました。

《作者から一言》
含み損益は有価証券の他に土地についても発生します。現行制度上、有形固定資産である所有土地は時価評価されないので、評価損も評価益も生じません。このため貸借対照表には取得原価により計上されることになり、この取得原価と決算時の市場での評価額に差額が生まれます。これらは決算報告書には現れないので、含み益または含み損となります。

二人のプロフィールは こちら をご覧下さい。



                aaa.gif

1.有給休暇繰越表 2.体重管理表 3.資金繰り表 4.損益分岐点図表 5.金種計算表 6.経営分析表 7.月次損益計算書 8.労働保険料集計表 9.残業等集計表 10.簿記練習帳 11.タイムカード管理表 12.時給計算表 13.会社カレンダー 14.買掛金支払明細表 15.現金照合表 16.弁当集計表 17.個人別社会保険料 18.社会保険管理表 19.部門別人員表 20.年数管理表 21.給与データ入力票 22.主要勘定照合表 23.労働週間資料 24.SO家計簿 25.血圧管理表 26.香典管理表 27.家族年表  28.会社年表  29.3年日誌  30.人生の節目 31.手形管理表 32.先入先出法 33.親族一覧表 34.短縮版体重管理表  35.短縮版血圧管理表 36.売上帳  37.仕入帳    38.売掛金元帳  39.買掛金元帳  40.未払金元帳  41.朝夜版血圧管理表  42.減価償却表(定額法)  43.減価償却表(定率法) 44.毎日の献立表  45.介護が始まる日  46.ごみ処理便利帳   47.日用品管理表   48.事務用品管理表  49.席順作成表 50.商品説明書  51.労働者名簿   52.親族関係図    53.レシピ整理帳   54.3年予定表
《ソフト一覧表》


comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

総務工房Ⅱ

Author:総務工房Ⅱ
ソフトウェアや電子書籍の製作と販売などをしています。低価格で充実したサービスを提供しています。是非ご利用下さい。

《こちらからお入り下さい》


~プレスリリース~
10月の無料ソフトは「会社カレンダー」です。

「無料ソフト」とは、毎月1個のソフトを無料でご提供するサービスです。詳細は総務工房のホームページをご覧ください。

最近の記事
カテゴリー
関連広告
お買い物はこちらで
商品名を入力して「検索」ボタンをクリックしてみよう!


エクセルの解説書
PDF版の電子書籍です
ワードの解説書
PDF版の電子書籍です
ネット講座
いつでもどこでも学べます。
FC2カウンター
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近のトラックバック
最近のコメント