FC2ブログ

精算表(せいさんひょう)

ここは会社の近くにある喫茶店。仕事を終えた健次君と涼子さんが向かい合って座っています。

涼子:今日は精算表について説明するわね。精算表とは、決算前残高試算表に決算整理仕訳を加えて、貸借対照表や損益計算書を作成すると言う決算の一連の流れを一覧表にしたものなの。
健次:1年間の取引の精算をする表という意味だね。
涼子:そうよ、精算表を作る目的は、決算手続に問題が無いかを検証する事と、決算の早い段階で当期純利益を確認して、決算の見通しを立てることなの。
健次:試算表では当期純利益は分からなかったものね。それから、決算整理仕訳って何?
涼子:決算整理仕訳とは、決算でなければ出来ない総勘定元帳の残高を修正する仕訳の事よ。例えば、次期の費用となるべきものを当期に支払って処理をしている場合や、日々の使用で価値が下がる車両などは購入価格の全額を当期の費用としないで、定められた使用期間中に割り振る事になっているの。精算表のサンプルを作ったから見て。

ke11.gif

このサンプルでは決算整理仕訳を修正記入の欄に記入しているわ。勘定科目の右の欄が残高試算表になっていて、その残高金額に決算整理仕訳を加減して損益計算書や貸借対照表を作るのよ。
健次:もっと具体的に言って貰わないと分からないよ。
涼子:それじゃあ、グループごとに説明するわね。最初は資産グループ。この資料を見て。

ke4.gif

資産勘定は残高試算表では借方に残高があるから、修正記入で借方の金額は加算して、貸方の金額は減算するの。その結果を貸借対照表の借方へ記入するわけ。分かる?
健次:資産勘定は仕訳で借方にある場合が増加で、貸方にある場合が減少だからね。
涼子:そう、資産勘定の増減は「資産グループの仕訳」で説明したわね。次は負債グループよ。

ke6.gif

残高試算表の残高は貸方にあるから、修正記入で借方の金額は減算して、貸方の金額は加算してから貸借対照表の貸方に記入するの。
健次:負債勘定は借方が減少で、貸方が増加だからね。
涼子:そう、次は純資産だけど、純資産は会社の場合、精算表では変わらないからそのままの金額を貸借対照表の貸方に記入するの。その次は収益グループね。

ke7.gif

収益勘定は残高試算表では貸方に残高があるから、修正記入で借方の金額は減算して、貸方の金額を加算して損益計算書の貸方へ記入するの。
健次:えっ、損益計算書?
涼子:収益は損益勘定でしょう、だから損益計算書へ記入するの。間違って貸借対照表に記入しないでね。次は費用グループよ。

ke5.gif

費用勘定は残高試算表では借方に残高があるから、修正記入で借方の金額は加算して、貸方の金額は減算して損益計算書の借方へ記入するの。それから決算整理仕訳で生じた新たな勘定科目はそのまま損益計算書や貸借対照表に記入するのよ。未収家賃や前払利息は資産勘定になるから注意してね。

ke8.gif

健次:それで作業はお終い?
涼子:いいえ、最後に大切な作業があるわ。損益計算書の借方と貸方の差額を計算して、差額を少ない側に記入して貸借の金額を合わせるのよ。サンプルでは借方に記入するようになるわ。借方に計上する場合は「当期純利益」になって、貸方に計上する場合は「当期純損失」になるのよ。

ke10.gif

健次:そうか、ここで初めて今期に儲けた金額が分かるのか~。
涼子:それから、貸借対照表も借方と貸方の差額を少ない側に記入して貸借の金額を合わせるの。サンプルでは貸方に記入するようになるわ。この時、貸借対照表の当期純利益の金額と損益計算書の当期純利益の金額が一致する事を確認してね。
健次:一致しないとどうなるの?
涼子:精算表の集計が間違っている事になるわ。原因を捜して必ず一致させるの。
健次:田中さんの説明で精算表の作り方は大体分かったけれど、どうしてそうなるのか分からないよ。特に、どうして損益計算書の差額を計算すると当期純利益が分かるのか。それから、どうして貸借対照表の差額と損益計算書の差額が必ず一致するのか、いまひとつイメージが湧かないよ。
涼子:今までの説明で分からなくても無理ないわ。でも、この仕組みを理解する事はとても大切なの。次回の「貸借対照表と損益計算書の関係」で詳しく説明するわね。それから、決算整理仕訳についてはその後でそれぞれのケースごとに説明するわ。
健次:僕にも分かるように説明してね。
涼子:勿論よ、それでは今日はこれでお終い。お疲れ様でした。
健次:お疲れ様でした。

長い髪を靡かせて喫茶店を出て行く涼子さんの後姿を健次君は見送っていました。

《作者から一言》
純資産の増減について補足説明をします。個人事業主の場合は事業資金を個人や家族のために支出する事がありますので、精算表においても純資産は増減します。しかし、株式会社の場合は資本金は株主のものであり、資本金を増減させるには株主総会の議決が必要となります。従って、純資産の増減は決算整理では行いません。尚、新会社法が施行されてからは、資本金の変動は「株主資本等変動計算書」によって明らかにされています。

二人のプロフィールは こちら をご覧下さい。



                aaa.gif

1.有給休暇繰越表 2.体重管理表 3.資金繰り表 4.損益分岐点図表 5.金種計算表 6.経営分析表 7.月次損益計算書 8.労働保険料集計表 9.残業等集計表 10.簿記練習帳 11.タイムカード管理表 12.時給計算表 13.会社カレンダー 14.買掛金支払明細表 15.現金照合表 16.弁当集計表 17.個人別社会保険料 18.社会保険管理表 19.部門別人員表 20.年数管理表 21.給与データ入力票 22.主要勘定照合表 23.労働週間資料 24.SO家計簿 25.血圧管理表 26.香典管理表 27.家族年表  28.会社年表  29.3年日誌  30.人生の節目 31.手形管理表 32.先入先出法 33.親族一覧表 34.短縮版体重管理表  35.短縮版血圧管理表 36.売上帳  37.仕入帳    38.売掛金元帳  39.買掛金元帳  40.未払金元帳  41.朝夜版血圧管理表  42.減価償却表(定額法)  43.減価償却表(定率法) 44.毎日の献立表  45.介護が始まる日  46.ごみ処理便利帳   47.日用品管理表   48.事務用品管理表  49.席順作成表 50.商品説明書  51.労働者名簿   52.親族関係図    53.レシピ整理帳   54.3年予定表
《ソフト一覧表》



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

総務工房Ⅱ

Author:総務工房Ⅱ
ソフトウェアや電子書籍の製作と販売などをしています。低価格で充実したサービスを提供しています。是非ご利用下さい。

《こちらからお入り下さい》


~プレスリリース~
10月の無料ソフトは「会社カレンダー」です。

「無料ソフト」とは、毎月1個のソフトを無料でご提供するサービスです。詳細は総務工房のホームページをご覧ください。

最近の記事
カテゴリー
関連広告
お買い物はこちらで
商品名を入力して「検索」ボタンをクリックしてみよう!


エクセルの解説書
PDF版の電子書籍です
ワードの解説書
PDF版の電子書籍です
ネット講座
いつでもどこでも学べます。
FC2カウンター
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近のトラックバック
最近のコメント