FC2ブログ

お知らせ

当方の都合により、しばらくの間ブログの更新を致しません。ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。
スポンサーサイト



試算表(しさんひょう)

ここは会社の近くにある喫茶店。仕事を終えた健次君と涼子さんが向かい合って座っています。

涼子:今日は決算予備手続で作る「試算表」について説明するわね。試算表は決算の時は必ず作られるけど、毎月末や週末など必要に応じて作られているの。試算表の定義を資料にしたから見て。

39-1.gif

健次:貸借の金額が一致するか試してみるから試算表と言うんだね。
涼子:そうね、昔は総勘定元帳への転記を手作業で行っていたから、転記ミスがあると貸借が一致しない事もあったの。でも、今はコンピューターで自動的に転記されるから貸借は必ず一致するわ。
健次:それじゃ、今は試算表は作っていないの?
涼子:試算表の定義で「すべての勘定の金額をひとまとめにして表にした」となっているでしょう。総勘定元帳はそれぞれの勘定ごとに集計されているから一覧性がなくて全体の数字を把握するのに不便だけれど、試算表はすべての勘定を一覧で見る事が出来るからとても便利な表なのよ。だから今でも重要な資料として使われているわ。
健次:確かに一覧表になっていれば何でも見易いよね。
涼子:それに試算表には指定した期間のお金の動きを知る事ができる表もあるの。それでは試算表の種類と働きについて説明するわね。先ず、総勘定元帳に転記された金額がこの資料のようだったとして、この元帳の金額に基づいて3種類の試算表を作って見るわね。

39-2.gif

最初は「合計試算表」。合計試算表は各勘定の借方と貸方の合計金額を集計したものよ。借方と貸方の合計は必ず一致するわ。この試算表は指定した期間のお金の動き、つまり借方や貸方の増減を知る事ができるの。

39-3.gif

次に「残高試算表」。残高試算表は各勘定の借方合計と貸方合計の差額である残高を集計したものよ。やはり、借方と貸方の合計金額は一致するわ。この試算表では指定した日の残高しか分からないけど、後で説明する「精算表」の基本資料になるのよ。

39-4.gif

最後に、「合計残高試算表」。合計残高試算表は合計試算表と残高試算表を合わせたものよ。指定した期間のお金の動きや残高が分かるから経営を分析する時に役に立つのよ。

39-5.gif

健次:どの試算表も必ず貸借が一致するんだね。
涼子:そう、仕訳の時に貸借の合計金額を一致させてあれば、必ず一致するはずよ。元帳への転記ミスか試算表を作る時の集計ミスがあると一致しないわね。
健次:でも、なんだかまだ試算表のイメージが掴めないな~。
涼子:そう言うと思って試算表のイメージを図解にしたわ。この資料を見て。

39-6.gif

健次:あっ、貸借対照表と損益計算書が一緒になっている!
涼子:そう、試算表はすべての勘定の金額をまとめて一覧にしてある表でしょう。だから、貸借勘定も損益勘定も一緒になっているの。と言うか、一緒にしないと貸借の合計金額が合わなくなるのね。貸借対照表と損益計算書の継ぎ目の所が「当期純利益」になっているわ。試算表から貸借対照表と損益計算書を作る方法は後で詳しく説明するわね。
健次:試算表って重要な資料なんだね。
涼子:そうよ、金融機関から融資を受ける時も、決算書の他に直近の試算表の提出を求められる事があるわ。最新の経営状態を知るには試算表が役に立つのよ。
健次:簿記と言えば貸借対照表や損益計算書が頭に浮かぶけれど、試算表が基本になっていたんだね。
涼子:そうよ、試算表のイメージ図をしっかり覚えておいてね。それでは今日はこれでお終い。お疲れ様でした。
健次:お疲れ様でした。

長い髪を靡かせて喫茶店を出て行く涼子さんの後姿を健次君は見送っていました。

《作者から一言》
会計ソフトでは次のような書式の試算表が作られる場合があります。

39-7.gif

この書式も合計残高試算表のひとつですが、このまま貸借対照表や損益計算書になっています。仕訳をすると自動的に作成され、期間も自由に設定できます。

二人のプロフィールは こちら をご覧下さい。



                aaa.gif

1.有給休暇繰越表 2.体重管理表 3.資金繰り表 4.損益分岐点図表 5.金種計算表 6.経営分析表 7.月次損益計算書 8.労働保険料集計表 9.残業等集計表 10.簿記練習帳 11.タイムカード管理表 12.時給計算表 13.会社カレンダー 14.買掛金支払明細表 15.現金照合表 16.弁当集計表 17.個人別社会保険料 18.社会保険管理表 19.部門別人員表 20.年数管理表 21.給与データ入力票 22.主要勘定照合表 23.労働週間資料 24.SO家計簿 25.血圧管理表 26.香典管理表 27.家族年表  28.会社年表  29.3年日誌  30.人生の節目 31.手形管理表 32.先入先出法 33.親族一覧表 34.短縮版体重管理表  35.短縮版血圧管理表 36.売上帳  37.仕入帳    38.売掛金元帳  39.買掛金元帳  40.未払金元帳  41.朝夜版血圧管理表  42.減価償却表(定額法)  43.減価償却表(定率法) 44.毎日の献立表  45.介護が始まる日  46.ごみ処理便利帳   47.日用品管理表   48.事務用品管理表  49.席順作成表 50.商品説明書  51.労働者名簿   52.親族関係図    53.レシピ整理帳   54.3年予定表
《ソフト一覧表》



貸付金と借入金

ここは会社の近くにある喫茶店。仕事を終えた健次君と涼子さんが向かい合って座っています。

涼子:今日は「貸付金と借入金」について説明するわね。貸付金は得意先や仕入先などに金銭を貸す事だけどあまり発生しない取引ね。反対に借入金は取引先の銀行などから金銭を借りる事で、実務上もよく発生する取引よ。
健次:僕も人にお金を貸した事はないけれど、人からお金を借りる事は良くあるよ。
涼子:個人でも会社でも金融業を営んでいなければ人にお金を貸す事はあまり無いわ。それでは最初に貸付金について簡単に説明するわね。他の会社にお金を貸す時は借用書などを受取ってから貸付けるの。お金を返して貰った時は利息も一緒に貰う場合が多いわ。利息は収益勘定の「受取利息」を使うの。
健次:利息はどのぐらい貰えばいいのだろう?
涼子:お金を貸す事を業務にしている訳ではないから世間の常識の範囲内ね。貸付金はこのぐらいにして、借入金について詳しく説明するわね。借入金の場合は同じ借入金でも返済期間によって短期借入金と長期借入金に分けるの。短期借入金と長期借入金の定義についてはこの資料を見て。

31-1.gif

このように返済期間が1年未満か1年以上かによって判断するのだけれど、この基準の事を「ワン・イヤー・ルール」と言うの。「ワン・イヤー・ルール」は借入金に限らず資産や負債勘定の分類基準になるのよ。

31-2.gif

健次:でも、どうして借入金を短期と長期に分ける必要があるんだろう?
涼子:詳しい事は経営分析の時に説明するけれど、短期つまり流動と、長期つまり固定に分けておくと資金繰りをする時に役立つからよ。短期借入金が多ければ直ぐ使えるお金が少なくなって資金繰りが苦しくなるの。
健次:短期借入金と長期借入金とでは借りる方法や返済方法も異なるの?
涼子:短期借入金の場合は手形を振出してお金を借りる手形借入が多いわね。手形と言っても前に「約束手形」で説明したような商業手形ではなく、融通手形と呼ばれている手形よ。利息を前払いして手形の期日に一括返済する方法ね。長期借入金の場合は借入条件を書いた借用書を差し入れてお金を借りる場合が多いわね。月賦返済のように毎月少しずつ元金と利息を返して行く方法よ。
健次:ふ~ん、長期借入金の方が沢山借りられそうだね。
涼子:そうね、固定資産を購入する場合など金額が大きくなる場合は長期借入にした方が安全ね。短期借入は一括返済だから返済財源がしっかりしている場合以外は使わない方が良いわ。それでは貸付金と借入金の仕訳をして見て。利息を支払った場合の勘定科目は費用勘定の「支払利息」を使ってね。

31-3.gif

健次:貸付金は簡単なんだけどな~。借入金は勘定科目を長期と短期に分けて返済方法にも注意しないと・・・。これでどう?

31-4.gif

涼子:正解!借入期間を見て1年未満の場合は短期借入金に、1年以上の場合は長期借入金になる事に注意して。
健次:僕も短期借入金を長期借入金に変更してもらおうかな~。
涼子:何処から借りているかにも因るけれど、返済に困っているようだったら長期借入金にして毎月少しずつ返した方が良いわよ。いずれにしても鈴木さんの場合はこれ以上借金を増やさない事ね。
健次:分かっているよ。
涼子:それでは今日はこれでお終い。お疲れ様でした。
健次:お疲れ様でした。

長い髪を靡かせて喫茶店を出て行く涼子さんの後姿を健次君は見送っていました。

《作者から一言》
流動資産を流動負債で除した比率を流動比率と言います。流動比率は企業の財務の安全性を見る指標で、一般に、200%以上が望ましいとされています。

長期借入金の月賦返済の方法には元金均等返済、元利均等返済があります。例題では元金均等返済を使いました。

二人のプロフィールは こちら をご覧下さい。



                aaa.gif

1.有給休暇繰越表 2.体重管理表 3.資金繰り表 4.損益分岐点図表 5.金種計算表 6.経営分析表 7.月次損益計算書 8.労働保険料集計表 9.残業等集計表 10.簿記練習帳 11.タイムカード管理表 12.時給計算表 13.会社カレンダー 14.買掛金支払明細表 15.現金照合表 16.弁当集計表 17.個人別社会保険料 18.社会保険管理表 19.部門別人員表 20.年数管理表 21.給与データ入力票 22.主要勘定照合表 23.労働週間資料 24.SO家計簿 25.血圧管理表 26.香典管理表 27.家族年表  28.会社年表  29.3年日誌  30.人生の節目 31.手形管理表 32.先入先出法 33.親族一覧表 34.短縮版体重管理表  35.短縮版血圧管理表 36.売上帳  37.仕入帳    38.売掛金元帳  39.買掛金元帳  40.未払金元帳  41.朝夜版血圧管理表  42.減価償却表(定額法)  43.減価償却表(定率法) 44.毎日の献立表  45.介護が始まる日  46.ごみ処理便利帳   47.日用品管理表   48.事務用品管理表    49.席順作成表  50.商品説明書  51.労働者名簿   52.親族関係図    53.レシピ整理帳
《ソフト一覧表》




プロフィール

総務工房Ⅱ

Author:総務工房Ⅱ
ソフトウェアや電子書籍の製作と販売などをしています。低価格で充実したサービスを提供しています。是非ご利用下さい。

《こちらからお入り下さい》


~プレスリリース~
10月の無料ソフトは「会社カレンダー」です。

「無料ソフト」とは、毎月1個のソフトを無料でご提供するサービスです。詳細は総務工房のホームページをご覧ください。

最近の記事
カテゴリー
関連広告
お買い物はこちらで
商品名を入力して「検索」ボタンをクリックしてみよう!


エクセルの解説書
PDF版の電子書籍です
ワードの解説書
PDF版の電子書籍です
ネット講座
いつでもどこでも学べます。
FC2カウンター
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近のトラックバック
最近のコメント